<< 東京ヤクルト・スワローズ2015のドラフト:如何に素晴らしかったかはこれを見れば一目瞭然 | main | 阪神タイガース2015のドラフト:まるきり視点のずれた12球団中ワーストのドラフトと言わざるを得ない >>

読売ジャイアンツ2015のドラフト:視点的には決して間違ってはいない

0

    JUGEMテーマ:読売ジャイアンツ



     最初にヤクルトについて述べましたので、他の球団のドラフトがどうだったのかを見てみたいと思います。今年ファンの間で最も不評を買っているのは、どうやら巨人のようです。確かに思ってもいない選手の名前が、次々と並べられた感がありますが、本当に今年のドラフトは失敗だったのでしょうか。

    1位:桜井俊貴 投手/立命大
    2位:重信慎之介 外野手/早大
    3位:與那原大剛 投手/普天間高
    4位:宇佐見真吾 捕手/城西国際大
    5位:山本泰寛 内野手/慶大
    6位:巽大介 投手/岩倉高
    7位:中川皓太 投手/東海大
    8位:松崎啄也 内野手/日本製紙石巻
    育1:増田大輝 内野手/徳島インディゴソックス
    育2:小林大誠 捕手/武蔵ヒートベアーズ
    育3:松澤裕介 外野手/香川オリーブガイナーズ
    育4:田島洸成 内野手/武蔵ヒートベアーズ
    育5:大竹秀義 投手/武蔵ヒートベアーズ
    育6:山下篤郎 投手/鎮西高
    育7:矢島陽平 投手/武蔵ヒートベアーズ
    育8:長谷川潤 投手/石川ミリオンスターズ

    (投手)
    ・杉内俊哉 35 左
    ・内海哲也 33 左
    ・香月良太 33 右
    ・大竹寛 32 右
    ・山口鉄也 32 左
    ・矢貫俊之 32 右
    ☆S.マシソン 32 右
    ・阿南徹 31 左
    ・西村健太郎 30 右
    ☆A.ポレダ 29 左
    ・江柄子裕樹 29 右
    ・沢村拓一 27 右
    ○大竹秀義 27 右
    ・小山雄輝 27 右
    ☆M.マイコラス 27 右
    □金伏ウーゴ 26 左
    ・高木勇人 26 右
    ・田原誠次 26 右
    ・高木京介 26 左
    ・菅野智之 26 右
    ・土田瑞起 26 右
    □篠原慎平 25 右
    ○矢島陽平 25 右
    ・公文克彦 24 左
    ○長谷川潤 24 右
    □C.ペレス 24 左
    ・宮國椋丞 23 右
    □田中大輝 23 左
    ・戸根千明 23 左
    ◎桜井俊貴 22 右
    ◎中川皓太 22 左
    ☆H.メンドーサ 22 右
    ・今村信貴 22 左
    □高橋慎之介 21 右
    ・平良拳太郎 20 右
    ・田口麗人 20 左
    ◎巽大介 18 左
    ○山下篤郎 18 左
    ◎與那原大剛 18 右

    (捕手)
    ・相川亮二 39 右
    ・実松一成 35 右
    ・加藤健 34 右
    ・小林誠司 26 右
    ・河野元貴 24 左
    ・鬼屋敷正人 24 右
    ◎松崎啄也 24 右
    □芳川庸 23 右
    □田中貴也 23 左
    ◎宇佐見真吾 22 左
    ○小林大誠 22 左

    (内野手)
    ・阿部慎之助 37 左
    ・村田修一 35 右
    ・脇谷亮太 34 左
    ・片岡治大 33 右
    ・寺内崇幸 32 右
    ☆L.クルーズ 32 右
    ・坂本勇人 27 右
    ・藤村大介 26 左
    ・中井大介 26 右
    ・大累進 25 右
    □坂口真規 25 右
    □川相拓也 25 両
    ・吉川大幾 23 両
    ○増田大輝 22 右
    ◎山本泰寛 22 右
    ・辻東倫 21 左
    ・和田恋 20 右
    ・岡本和真 19 右
    ○田島洸成 19 左

    (外野手)
    ・鈴木尚広 37 両
    ・亀井善行 33 左
    ☆ギャレット・ジョーンズ 34 左
    ☆L.アンダーソン 32 左
    ・松本哲也 31 左
    ・長野久義 31 右
    ・堂上剛裕 30 左
    ・北篤 27 左
    □L.アブレイユ 26 右
    ・橋本到 25 左
    ・立岡宗一郎 25 両
    ・大田泰示 25 右
    □長江翔太 24 左
    □青山誠 24 右
    ◎重信慎之介 22 左
    □高橋洸 22 右
    □北之園隆生 20 左

     顔ぶれを見た時、確かに狙いが分からなく感じました。しかしながらこうして見ると、ポイントはしっかり抑えられているように思えます。まず投手ですが、1位の桜井をはじめとして、大卒と高卒で左右をしっかり取りました。左の即戦力に近い中川を7位で取れたことが、とてつもなく大きいような気がいたします。捕手は守備形の正捕手小林に対して、打撃形の宇佐見をしっかり指名。内野手ではチーム内に将来性ある若手が多いなかで、これらの選手に刺激を与えるに丁度良い実践的な大卒社会人野手を2人指名したのも悪くありません。そして足の速さがピカ一の重信は、全体的に高齢化している外野手に対して喝を入れる存在になり得るでしょう。にも関わらず何かもの足りないような気がするのはどうしてでしょうか。
     実際に考えられるのは、これらの選手がもう少し下位でも取れたのではないか、と思うところがあるのかも知れません。ただここが上位チームの難しいところで、優勝したヤクルト程でないにしても、3位と4位では、指名順が極端に違ってくるのです。ですからもし1位で高山俊などの選手を取ったとして、指名順の遅い2位で桜井のような大卒の好投手が取れる保証はありません。だとすればどうしても即戦力投手として欲しい桜井を1位で確実に指名しておいて、2位では一芸に秀でた重信を候補としてあげるといったことが、決して悪いことであるとは言えないのです。つまり成績上位球団は3位も含め2位候補の選手を3人取るつもりの姿勢はあっても良いと思います。
     そもそもドラフトの成否は数年しないと結果は出ないものです。ですから今の段階で成否を論ずることなど意味のないことではあるのですが、少なくとも今言えるのは、「戦略的に考えられたものなのかどうか」ということであって、巨人の指名したポイントとしては、決して外れてはいないということだけは、上記一覧で強調しておきたいと思います。
     ひとつ残念に思うのは、重信をどうしても2位で指名する必要があったかどうかです。もし4位か5位で指名できるのであれば、2位は大卒か社会人で左打ちの内野手に優秀な選手が残っていて、そちらを指名する手段はあったでしょうし、例え4位、5位に重信が残っていなかったとしても、その場合は谷田成吾にシフトする考え方はあったと思います。宇佐見の他に捕手候補を用意ができていれば、外野手と捕手を4位と5位にするのです。そうすれば守備の要となる内野手を上位で指名できたのではないでしょうか。ただこれはあくまで結果論の範囲であろうと思います。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.19 Tuesday
      • -
      • 00:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        trefoglinefan (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        maki (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/10)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM