<< 東京ヤクルト・スワローズ2015のドラフト:最大の補強ポイントは高卒の一三塁型内野手 | main | 東京ヤクルト・スワローズ2015のドラフト:如何に素晴らしかったかはこれを見れば一目瞭然 >>

東京ヤクルト・スワローズ2015のドラフト:100点満点に限りなく近い素晴らしい出来

0


     本日から我が東京ヤクルト・スワローズはソフトバンクと日本一を争っています。その戦いも気になるところですが、その前に今年のドラフトについて総括しておきたいと思います。6人の選手を指名しましたが、単独指名かと思われた明治大の高山俊を籤で外して、内容的に今ひとつというのが、一般的な評価でしょうか。ところが私の目からすると、高山を外したことも含めて、100点満点にかなり近い完璧な内容で、殆ど文句のつけようがないと思います。少なくともチームの弱点をできる範囲で補完できたという点を、評価したいと思います。指名選手は以下の通り。

    1.原樹里 東洋大 投手
    2.廣岡大志 智弁学園高 三塁手
    3.高橋圭二 龍谷大平安高 投手
    4.日隈ジュリアス 高知中央高 投手
    5.山崎晃大郎 日大 外野手
    6.渡邉大樹 専大松戸高 遊撃手
    因みに私にとって少し残念な点を申し上げておくと、

    ・1位は最初から即戦力投手にして欲しかった
    ・外野手は高卒を下位で指名するつもりで5位では黒瀬建太をソフトバンクに先んじたかった
    ・川瀬晃をソフトバンクに先取りされてしまった

     といったことはありますが、でも私が先にあげていた先発投手、高卒左腕2人、一三塁と二遊間の高卒内野手それぞれ1人ずつ、更に左打ち外野手1人という、これ程見事にチームの弱点に見合った指名がでたことは、奇跡としか言いようがありません。12球団のなかでは高橋純平を籤で引き当て、ウェイヴァ順位を活かせず黒瀬建太の獲得を許し、ウェイヴァ順位を活かされて川瀬を先取りされたソフトバンクに比べれば若干の見劣りはしますが、他の10球団に比べればこれ程恵まれた展開もなかったのではないでしょうか。
     1位の原は高山を外したなかで、即戦力投手に切り換えたのが良かったと思います。外れ1位以下には小笠原慎太や熊原健人が残るなかで、原を指名したにはチーム内スカウトにとってそれなりの評価があったことと思います。「高山などあり得ない」と即戦力投手をあげていた私にすれば、むしろ嬉しい結果だと言えます。一番心配していたのは、高山を外した際の外れ1位でまた即戦力外野手を指名したりしないかと思っていたのですが、高山とともに1位が有力視された吉田正尚はオリックスが指名しましたので、そちらに目が向くことがなかったことも幸いでした。
     2位は私は一三塁手としてむしろ一塁手型の選手を取り上げましたが、廣岡も強打の三塁手で何より足が速く身体能力としては、一三塁手型の高校生内野手として、最も面白い存在であると思っていました。そうした面において実にヤクルトらしい指名かと思います。
     3位と4位は豊作と言われた高校生左投手のなかから2人。2年生時に春の選抜を制した高橋圭は左のライアンと言われるフォームがダイナミックな投手。アメリカ人を父に持つ日隈は将来はメジャーでプレイしたいと言っていますので、それを目指してきっと研鑽を積んでくれることでしょう。
     5位の山崎は打力としては非力であるものの、守備と走塁は高山以上と言われ、上田や比屋根と競うのに丁度良い選手です。高山ですと目立ち過ぎて上田や比屋根、荒木、田中浩の存在感を消しかねないのですが、山崎はむしろこれらの選手と一緒に成長する存在として、チームにとっては高山以上にプラスをもたらす存在になり得ると思います。
     そして最後に6位の渡邉は、高校生遊撃手としては平沢だけが別格で、他では最も評価を受けていた選手ではなかったでしょうか。川瀬というのはあくまで私の個人的な趣味で、左打ちであることを過大評価しているに過ぎません。もっともそれくらいヤクルトは左打ちの選手が欲しいとは思うのですが。ただしソフトバンクが地元の選手を優先したのに対して、ヤクルトには名実の実を取る事ができたと思います。もし渡邉が6位に残っていなかった場合、川瀬を指名したかどうかさえ分かりません。それなりの評価があった渡邉に対してほぼ無印に近い川瀬なのですから。ヤクルトの6位はウェイヴァ順としては最後で全体の72人目ですから、ここに渡邉が残っていたことは、実に幸いだったと思います。
     7位は逆ウェイヴァでは最初だったのに指名しなかったのは仕方ないところでしょうか。6位と7位が連続で指名できたこと、そしてソフトバンクが指名することが確実と言われていた黒瀬が4位まで指名されないなかで、5位としてソフトバンクよりも先に廻ってきたヤクルトが山崎を優先させました。山崎を更に小型化した船崎は7位でも取れたでしょうから、やっぱりここは残念ですね。5位でソフトバンクが黒瀬を指名することは見えみえだった訳ですから、それを目前にしていたところで、日本シリーズに向けた先制パンチを食らわせたい所でした。
    因みに今のヤクルトの二軍を見渡すと一三塁は危急と述べましたが、両取りしたいくらいにポジションが空いていたということです。ファースト黒瀬、セカンド奥村、サード廣岡、ショート渡邉が内野手を守れば、今年の全く将来に夢のない二軍から、一気に将来に夢の広がる「ファーム」になったと思います。
     ここまで言うといささか贅沢なことであり、5位の山崎はヤクルトに指名されてから、ドラフト前のプレッシャーから開放されたらしく、最後の大学で突然覚醒したみたいで、伸び伸びプレイしているようです。将来的にヤクルトのセンターラインの核となる選手として、期待したいと思います。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.19 Tuesday
      • -
      • 19:06
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        trefoglinefan (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        maki (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/10)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM