<< オリックス・バッファーロズ2015:若手の台頭なしにはチームの浮上はあり得ない | main | アンサンブル・フィオレッティ福井公演2015のご案内 >>

新しい先発ローテの考え方を提唱する:三本柱プラス4の7人体制はいかがだろうか

0


     プロ野球は試合をするうえで、選手を無尽蔵に使える訳ではありません。1試合に25人と決められています。そのなかから先発9名(指名打者が居る場合は10名)と残り控えの選手をやりくりして、1つの試合を戦っていきます。ですから試合ごとにその日を戦う25名を選りすぐりできれば理想です。ところがそうはいかないのが実情です。
     テレビか何かで放送される際、ベンチ入り選手が紹介されることがありますが、それ見るとその日投げる訳のない投手が1人〜2人居ることが多いです。それはどうしてでしょうか。それは出場選手登録(一軍登録)というのがあるからです。これは28人と決められています。標準的なチームで先発投手が6人と言われていますが、6人をまるまる出場選手登録すると、残りが22人しか登録できません。つまりレギラー野手8名と控えの投手と野手を合わせて14名を登録することになります。これに先発投手を含めて実質23人で1試合を戦うのです。
     しかしながら25名で戦えるのに実質23名にすることに、何の疑問も感じないものなのでしょうか。このことに触れてみたいと思います。というのは、試合の終盤に控え選手が足りなくて困るケースは少なくありませんし、そのことを「仕方ない」で済ませていい訳がないと思うからです。
     まず出場選手登録28名についてですが、これは毎日更新することができます。でもここで問題になるのは、出場選手登録を抹消した選手は、10日間は一軍の登録ができません。中6日で投げる先発投手が試合に出ない日も、出場選手登録しておかなければいけないのはその為です。だとしたらこのルールを最大限に活かして、常時25人で戦う方法が考えられないものなのか、ということは考えてみました。
     先発投手は6人必要だと述べましたが、その6人がまるきり同じ実力という訳はありません。違っているので当たり前です。一方で7人目の実力がないかと言うと、殆どが6人目と大差ない筈です。
     だとしたら意図的に中10日の投手を、中6日の投手とランク分けしたらいいのではないでしょうか。私が提唱したいのは、先発は3本柱プラス4の7人体制です。プロ野球の日程の多くは、火曜日から日曜日に組まれています。そこに6人当てはめるのが普通のやり方です。

    月 火 水 木 金 土 日
    − A B C D E F

     でもここに7人目を加えれば、出場選手登録する先発投手の数を絞ることができます。

    月 火 水 木 金 土 日
    − A B C D E F
    − A C G D E B
    − A G F D E C
    − A F B D E G
    − A B C D E F

     3本柱は毎週の火曜日、金曜日、土曜日にそれぞれ投げることになります。その他4人の選手は水曜日、中10日で日曜日、中10日で木曜日、中5日で水曜日と投げていきます。これで4週間のうち3週間ずつ4人の投手で廻すのです。その4人は中5日の期間はどうしても出場選手登録が必要ですが、他の20日間は出場選手登録が不要になってきます。
     この結果どうなるかと言うと、出場登録選手28人中、先発投手に割り当てる必要があるのは、4名(日曜日のみ5名)となり、ほぼ全試合25名の枠をいっぱいに使って、戦えることができるようになるのです。
     「4番目の選手と7番目の選手に大差があるではないか」と言われるかも知れませんが、投手の肩は消耗品であり、どんな投手も中6日でさえ年間通じてローテを守ることは困難なことです。だとすれば意図的に中10日の期間を作ることによって、登板日に最高のパフォーマンスを引き出そうという考え方は、あってもいいのではないでしょうか。中10日の中間に一日、二軍で調整登板すれば、中5日が3度に1度あっても対処できると思います。
     もっとも日程的に6連戦がずっと続く訳ではありません。祝日によっては試合が月曜日に行われたり、試合が雨で中止になったりして、ローテの再編が求められることは多々あるものです。でもその都度柔軟に対応すればいいことで、先発投手の中10日の登板をもっと活かすことで、1試合1試合が戦力的に充実するのであれば、私はその方のメリットが大きいような気がするのですが、いかがでしょうか。
     なおこのような先発投手起用を行うと、先発投手だけでなくブルペン投手や野手においても、一軍と二軍の行き来が定期的に必ず発生します。それだけ選手にとっては、一軍の選手は生き残りに必死になりますし、二軍にはこの日上がれるかも知れない、という目標ができます。そのことがチームの活性化にもつながるのではないでしょうか。これはファンにとっても、この日誰が二軍から上がってくるだろうか、とワクワクしたものにもなろうかと思います。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2020.09.21 Monday
      • -
      • 11:57
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 富山市議会 政務活動費を新型コロナ対策に(チューリップテレビ 令和2年6月11日 18時14分)
        katura (06/12)
      • クラスターが発生した富山リハビリテーションホーム 施設内を公開(BBT 令和2年5月23日 18時00分)
        trefoglinefan (05/30)
      • クラスターが発生した富山リハビリテーションホーム 施設内を公開(BBT 令和2年5月23日 18時00分)
        aki (05/24)
      • TPPに加入しなければ農家は救えるか
        殺虫剤 (03/11)
      • 10月6日(日)のニュース
        カーテン21 オーダーカーテン (10/08)
      • 疑惑を完全否定 村上議長 議長の疑惑を整理(チューリップテレビ 1月31日 18時26分)
        trefoglinefan (04/01)
      • 疑惑を完全否定 村上議長 議長の疑惑を整理(チューリップテレビ 1月31日 18時26分)
        泉田芳範 (03/31)
      • 小石忠男と宇野功芳
        trefoglinefan (03/10)
      • 小石忠男と宇野功芳
        max (02/03)
      • 富山市議会:平成30年12月定例会「政務活動費の事前審査に関する請願」の行方
        trefoglinefan (01/04)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM