<< 岡山シーガルズ2014-5:自チームの力の過信は禁物 | main | 読売ジャイアンツ2015:小林に続く捕手が出て来るかどうかに注目 >>

上尾メディックス2014-5:マーフィ頼みを脱却しないと上位ラウンドでは苦しみそう

0
    JUGEMテーマ:Vリーグ


     次に2月7日に行われたVプレミア女子高山大会の第2試合です。

    (トヨタ車体)
    山田真 衛藤 カナニ
    竹田 庄司 藤田
    佐藤

    (上尾)
    マーフィ 丸山 荒木夕
    近藤 荒木絵 土田
    山岸
     第1セット出足からトヨタ車体は悪くほぼ上尾の一方的な試合になりました。結果は25-21。それでも12-17のところで後衛に下がったカナニ・ダニエルソンに代えてこの試合はレシーヴァだった中村かおりが3ローテ入っている間に、連続得点を重ねて17-19まで追い上げたことが救いでした。
     第2セットもやはり上尾のペース。途中トヨタ車体が3点差を追いつき、上尾が丸山裕子が後衛に下がったところで、前週復帰した関舞がレシーヴァに入りました。それでもトヨタ車体は必死に追いすがってリードを許しませんでした。でもその丸山が前衛に上がったところで連続失点を喫してから差が開き出しました。ただ庄司夕起に代えて平松美有紀、竹田沙希に代えて藤原亜紀を送り出してから、何とか同点に追いついてジュースに持ち込めました。でもそこから連続失点してこのセットも26-24で上尾。
     第3セットはほぼ一方的な展開。トヨタ車体は竹田に代えて藤原、第2セット途中から入った川島里華に代えてカナニを戻したりしたものの一向に状況は改善されませんでした。
    結果は25-19。
     正直両チームに力の差を感じました。上尾は途中2枚替えを行ったものの、決してそれが上手くいっておりません。第1セットと第2セットは土田望未と近藤志歩に代えて三浦茉実と富永こよみが入りましたがあっさりサイドアウト。第3セットは三浦ではなくWSの皆本明日香が入りましたが、連続失点でローテを全く廻せず。力の差があったからこの機能しない交代が事なく得ましたが、もし均衡した試合だとどうなったか分かりません。
     2枚替えは有力な交代の仕方だとは言え、1セットあたりの交代枠6枚中4枚を消費するものなのです。第1セットと第2セットのようなやり方は、連続得点できなければたった1ラリーの為に4枚も交代枠を使うことになるので、そのあたりを吉田監督はどう考えておられるのでしょうか。レセプションできる三浦を使うのですから、私はせめて2ローテを任せてみればどうかと思うのです。
     第3セットのところでひとつ触れておきます。得点は18-10で上尾リードの場面です。

    荒木絵 近藤 マーフィ
    土田 荒木夕 丸山

     ここで上尾はレシーヴァに関が入り、リベロは荒木に入れました。

    荒木絵 近藤 マーフィ
    土田 山岸 関

     しかしここで3連続失点して18-13でたまらずタイムアウトを要求。この後2ローテ廻して20-14

    荒木夕 土田 荒木絵
    関 マーフィ 近藤

     ここで皆本を入れた二枚替えを行いました。

    荒木夕 皆本 荒木絵
    関 マーフィ 富永

     このローテで相手サーヴの時もリベロを入れませんでした。実力的に関より山岸の方が上だったからでしょう。ここで攻撃陣は上尾最強の陣営の筈なのにサイドアウトを取れなかったのです。皆本が後衛に下がるまで2枚替えを使えないようだと、本当に苦しいことと思います。そもそもここでケリー・マーフィに代えてリベロを入れることもできないのでしょうか。
     チャレンジ・リーグに居た頃の上尾は実に守りの堅いチームでした。ところがマーフィの入団が上尾のバレーを変えてしまったような気がします。ナンシー・メットカフが居た昨年も、確かに得点をメットカフに依存した面が大きかったとは言え、この選手を手本に他の選手も大きく伸びました。メットカフは自分が居なくなっても戦えるチームにするのに、腐心したと言われています。その遺産でサマーリーグでは残った選手が伸び伸びプレイして、東部大会を制するまでチームは成長したのです。ところがマーフィという破格の大物が入団した為に、またチームがマーフィ頼みになってしまったのではないでしょうか。それがこの変則2枚替えに表れていると思います。マーフィ頼みであっても、正規の2枚替えを行って1セット中に後衛3ローテを休ませることもできないのであれば、それはチームにとって好ましくないのではないでしょうか。
     上尾は2月8日を終わった時点で4位と昇格チームとしては健闘しているものの、このままマーフィ頼みでいては、次のラウンドで上位と対戦した際に、苦しむことになるのではないかと思います。
     なお上尾ならではの攻撃が一応あるのでこれについては紹介しておきます。昨年のWGPでキム・ヨンギョンが前衛レフトから中央に切り込んでMBの後方からアタックをしていたのを多く見られましたが、これは2010年の全日本で、井上香織の上から山口舞がよくやっていたものです。上尾は荒木絵里香の上から吉村志穂がよく見せていましたが、この試合では近藤や荒木夕貴にも見られるようになりました。前週の富山の試合ではなかったものかと思います。このようなことができるのは、ライトに前衛であろうと後衛であろうと絶対的なマーフィが控えているからであり、このような活かし方は良いと思います。
     トヨタ車体についてもひとつ書いておかなくてはいけませんね。このチームのS1危機回避術です。

    山田真 衛藤 カナニ
    竹田 佐藤 藤田

     バックオーダにおけるセッター対角とエース対角がレセプションする場合、普通はセッター対角がレフト、エース対角がセンター、リベロがライトで行います。昨年まで江畑幸子が居た日立でも、S1ではセッター対角の遠井萌仁がレフト、江畑の対角に居る後衛の高橋沙織がセンターでレセプションしていました。でもトヨタ車体はエース対角の竹田がレフト、セッター対角の山田真里がセンターでレセプションしています。山田真のように右利きライトがレセプションする場合は大いにやっていいと思います。右利き選手が中央でレセプションした際に、左に回り込むのは大変であることを先に申し上げましたが、右へブロードすることは問題なくできるからで、私は右利きライトの選手がレセプションするのなら、わざと中央でレセプションした方が、中央とサイドの両睨みができて却って良いと思うくらいです。因みに全日本の山口がライトで使われた際、中央でレセプションしていた時の方が良いプレイが見られました。
     極めて地味な話をいたしますが、大野石油の吉安遥はレセプションできる左利きレフトという極めて珍しい選手です。この選手も中央でレセプションして中央とレフトを両睨みしていました。左利きレフトならではの考えられたやり方だと思います。

    他のバレーボール・ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.08.22 Thursday
      • -
      • 12:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      拾って繋いでマーフィーさんよりも、レセプションMBの上尾を拝見したいです(^○^)この前のTV観戦はやっぱりなんかつまらなかったですね。Blog更新ありがとうございます&#8252;&#65038;
      • なおき
      • 2015/02/14 4:20 PM
       なおきさん、コメントありがとうございます。せめて三浦を使ったときにレセプションさせて、もっといろいろ幅を広げて欲しいと思うのです。それがチームの為というより全日本の為になるでしょうから。ワンポイントの2枚替えだとか、余りにも無駄遣いし過ぎかと思いますし、S1危機も目に余るものがありますので。
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 疑惑を完全否定 村上議長 議長の疑惑を整理(チューリップテレビ 1月31日 18時26分)
        trefoglinefan (04/01)
      • 疑惑を完全否定 村上議長 議長の疑惑を整理(チューリップテレビ 1月31日 18時26分)
        泉田芳範 (03/31)
      • 小石忠男と宇野功芳
        trefoglinefan (03/10)
      • 小石忠男と宇野功芳
        max (02/03)
      • 富山市議会:平成30年12月定例会「政務活動費の事前審査に関する請願」の行方
        trefoglinefan (01/04)
      • 富山市議会:平成30年12月定例会「政務活動費の事前審査に関する請願」の行方
        なんだコリャ?! (01/04)
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        trefoglinefan (08/27)
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        Minae Hatakeyama (08/17)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        love (10/06)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM