<< 巨人は本当に奥村のプロテクトができなかったのか | main | ヤクルトは2011年のことを決して忘れてはいけない >>

ヤクルトはしばらく優勝放棄するくらいの我慢をしない限り永遠に浮上などあり得ない

0


     昨日巨人のプロテクト・リストを考えてみましたが、ヤクルトにとってはFAで獲得した成瀬善久や大引啓次に対する人的補償を考える必要がありました。結果的にロッテも日本ハムも金銭補償を求めてきたのですが、ヤクルトはいったいどんなプロテクト・リストを作ったのでしょうか。
    (投手)
    ◎石川雅規 35 左
    ・新垣渚 34 右
    ◎館山昌平 33 右
    ・山中浩史 33 右
    ▲松岡健一 32 右
    ・七条祐樹 30 右
    ▲中澤雅人 29 左
    ◎山本哲哉 29 右
    ▲久古健太郎 28 左
    ▲古野正人 28 右
    ▲江村将也 27 左
    ▲村中恭兵 27 左
    ◎石山泰稚 26 右
    ◎秋吉亮 25 右
    ▲木谷良平 25 右
    ・金伏ウーゴ 25 左
    ▲徳山武陽 25 右
    ▲佐藤由規 25 右
    ◎小川泰弘 24 右
    ◎八木亮祐 24 左
    ▲赤川克紀 24 左
    ▲大場達也 23 右
    ◎岩橋慶侍 23 左
    ▲平井諒 23 右
    ◎杉浦稔大 22 右
    ▲田川堅吾 20 右
    ◎児山祐斗 19 左

    (捕手)
    ・田中雅彦 32 右
    ・星野雄大 26 右
    ▲藤井亮太 26 左
    ◎中村悠平 24 右
    ◎西田明央 22 右

    (内野手)
    ▲田中浩康 32 右
    ◎畠山和洋 32 右
    ・武内晋一 31 左
    ▲三輪正義 31 左
    ▲今浪隆博 30 左
    ▲森岡良介 30 左
    ▲荒木貴裕 27 右
    ◎川端慎吾 27 左
    ◎谷内亮太 23 右
    ◎西浦直亨 23 右
    ◎山田哲人 22 右

    (外野手)
    ・松元ユウイチ 34 左
    ▲飯原誉士 31 右
    ◎高井雄平 30 左
    ▲川崎成晃 28 右
    ▲比屋根渉 27 右
    ▲松井淳 27 左
    ◎上田剛 24 左
    ▲川上竜平 21 右

     ヤクルトの場合「投手不足」と言われていながら、内外野ともに頭数が居ないということが判明しました。このような状況でよく戦っていたものだ、と半ば呆れてしまうくらいかと思います。そしてドラフトで加わったのが即戦力投手5人が主。こんなことをやっていてはいつまで経っても強いチームなどできないですね。それでも◎印は19人で▲から残り9人なのですが、確実に戦力になる田中浩以外は他球団で欲しい選手が居ないのが実情かも知れません。
     ロッテが金銭での補償を選択したのは当然かと思います。人的補償を求めた場合と6千万円くらいの開きがありますから、それに見合った選手を探すことなど無理な可能性があります。ところが日本ハムの場合は差額3千万円にも満たないのに、そこで金銭を求められるとは、余程選手が居ないことになりますね。もっとも日本ハムは若い選手が育っている訳ですから、プロテクト漏れのヴェテランを採ったところでどうにもならなかったでしょうし、若手に厚くプロテクトしておけば、結局欲しい選手が居なかったことになるような気もいたします。
     それにしても実に情けない話ではありましたが、逆にこのリストからヤクルトとして欲しい選手を考えればどう見ても野手。高齢化が深刻な巨人の外野手から1人加えたところでどうにかなる訳でもなく、若い内野手に向かったのは必然と言えるでしょう。内野手登録で武内、三輪、荒木は外野も守れるのですから、ある意味奥村展征以外に選択肢はあり得なかった、と言っても過言ではないと思います。ロッテや日本ハムから野手を取られれば当然奥村の一択。投手や捕手が取られても奥村の一択です。
     因みにこのリストを見て思ったのですが、悪い言い方ですがヤクルトはしばらく優勝放棄するくらいのことを考えなくてはいけないかも知れません。場当たり的な即戦力投手中心のドラフトをしてきた為に、投手偏重の実に歪な選手構成になっているからです。しかも若い選手は捕手を除いてどのポジションを見ても手薄。まずはここを立て直さない限り、優勝を狙えることなど永遠に来ないと、ファンがまず認識するべきではないでしょうか。そして長い目でチームもファンも我慢してこそ、その日が来ることと思うからです。最下位ながら将来性も全くなく、2011年の勘違いで場当たり的強化に走った結果が、今の悲惨な状況を招いていると思います。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.10.16 Tuesday
      • -
      • 16:09
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << October 2018 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        trefoglinefan (08/27)
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        Minae Hatakeyama (08/17)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        love (10/06)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (10/03)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/29)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (09/28)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM