<< 岡山シーガルズ2014-5:低い被アタック決定率こそがチームの強み | main | 元文部科学副大臣:奥村展三氏のお孫さんの話 >>

トヨタ車体クィンシーズ2014-5:せっかく堅守が活きない失点の多さ

0
     岡山シーガルズの強みはよく拾うことと共に、アタックでミスしないことであることは先に述べましたが、Vリーグで記録されているアタック失点は、あくまでアタックがアウトになったものです。でもアタックでの失点としてもうひとつ大切な要素として、ブロックに遭うというのがあることは言うまでもありません。相手のブロックと対峙するうえで、一か八かの勝負を仕掛けた方が決まる場合もありますが、失点につながることも多くなります。逆にここで失点しないで次の機会を伺う粘り強さが求められるところです。そこで私が独自に集計したのが、以下の値です。
    (1セットあたりの被ブロック数)
    1位 日立 1.48
    2位 上尾 1.63
    3位 久光 1.83
    4位 東レ 1.86
    5位 NEC 2.16
    6位 デンソー 2.38
    7位 岡山 2.42
    8位 トヨタ車体 3.08

     ということになります。そこでアタックによるアウトと被ブロック数を合計すると、以下のようになります。

    (1セットあたりの被ブロック数を含むアタック失点数)
    1位 上尾 3.59
    2位 日立 3.62
    3位 久光製薬 3.72
    4位 岡山 4.04
    5位 東レ 4.59
    6位 デンソー 4.77
    7位 NEC 4.84
    8位 トヨタ車体 5.58

     ということで、上記の上位チームが失点につながるアタックを少なくするように心掛けていると言えるでしょう。トヨタ車体が異常に失点が多いですが、これは打数が多いことも影響していると思われますので、分母をアタック打数に代えてみることにいたします。

    (アタック失点率)
    1位 岡山 8.98%
    2位 上尾 9.01%
    3位 日立 9.02%
    4位 久光製薬 9.58%
    5位 NEC 10.6%
    6位 デンソー 11.7%
    7位 東レ 11.9%
    8位 トヨタ車体 12.2%

     先の集計で相手の攻撃を拾えているチームは岡山とトヨタ車体であることが分かりましたが、岡山は自ら崩れることなく得点につなげているのに対して、トヨタ車体はせっかくラリーに持ち込んだとしても、結局は自ら相手に得点を与えてしまっているということが表れた形になりました。
     初めてプレミアに参戦した上尾や、選手の入れ替わりが激しく苦戦が予想された日立が健闘しているのは、アタックミスをしないことではないでしょうか。ですからトヨタ車体はアタックミスをしないで最後まで粘り通すこと、上尾と日立は1本でも多くディグを上げること。これができるようになれば、上位進出も可能なのではないでしょうか。
     最後にアタックの得点から被ブロック数を含む失点を差し引いた各チームのアタック効果率を記載しておきます。

    (アタック効果率)
    1位 久光製薬 31.7%
    2位 日立 29.5%
    3位 NEC 27.6%
    4位 上尾 27.2%
    5位 岡山 26.4%
    6位 デンソー 22.8%
    7位 東レ 21.5%
    8位 トヨタ車体 20.8%

    他のバレーボール・ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.08.22 Thursday
      • -
      • 15:59
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 疑惑を完全否定 村上議長 議長の疑惑を整理(チューリップテレビ 1月31日 18時26分)
        trefoglinefan (04/01)
      • 疑惑を完全否定 村上議長 議長の疑惑を整理(チューリップテレビ 1月31日 18時26分)
        泉田芳範 (03/31)
      • 小石忠男と宇野功芳
        trefoglinefan (03/10)
      • 小石忠男と宇野功芳
        max (02/03)
      • 富山市議会:平成30年12月定例会「政務活動費の事前審査に関する請願」の行方
        trefoglinefan (01/04)
      • 富山市議会:平成30年12月定例会「政務活動費の事前審査に関する請願」の行方
        なんだコリャ?! (01/04)
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        trefoglinefan (08/27)
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        Minae Hatakeyama (08/17)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        love (10/06)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM