<< デンソー・エアリービーズ2014-5:石田が出られないのはバレー界に著しい損失をもたらしている | main | トヨタ車体クィンシーズ2014-5:せっかく堅守が活きない失点の多さ >>

岡山シーガルズ2014-5:低い被アタック決定率こそがチームの強み

0
    JUGEMテーマ:Vリーグ


     Vプリミア・リーグ女子の1レグが終わって、今年も岡山シーガルズが首位に立っています。岡山はここ数年立ち上がりがいいのですがいつも後半失速します。でもそのようなことは別にしまして、ここでお話したいのは、公式のチームの技術統計だけでは見られない大事な部分があるということです。
     Vリーグの公式ホーム・ページには、様々な技術集計あります。まずそれを見ていきます。

    (アタック決定率)
    1位 久光製薬 41.3%
    2位 日立 38.5%
    3位 NEC 38.2%
    4位 上尾 36.2%
    5位 岡山 35.4%
    6位 デンソー 34.5%
    7位 東レ 33.5%
    8位 トヨタ車体 33.0%

    (セットあたりアタック決定本数)
    1位 久光製薬 16.03
    2位 岡山 15.92
    3位 日立 15.45
    4位 トヨタ車体 15.04
    5位 NEC 14.57
    6位 上尾 14.44
    7位 デンソー 14.08
    8位 東レ 12.86

    (セットあたりブロック決定本数)
    1位 上尾 2.41
    2位 日立 2.17
    3位 NEC 2.17
    4位 デンソー 2.15
    5位 岡山 1.96
    6位 久光製薬 1.90
    7位 東レ 1.86
    8位 トヨタ車体 1.54

    (サーヴ効果率)
    1位 上尾 11.6
    2位 久光製薬 10.4
    3位 トヨタ車体 9.9
    4位 日立 9.9
    5位 岡山 9.7
    6位 デンソー 9.1
    7位 東レ 9.0
    8位 NEC 9.0

    (サーヴレシーヴ成功率)
    1位 NEC 70.2%
    2位 東レ 69.9%
    3位 久光製薬 66.6%
    4位 上尾 65.3%
    5位 日立 63.9%
    6位 岡山 63.4%
    7位 デンソー 62.5%
    8位 トヨタ車体 59.8%

     ということですが、Vリーグが公式に出している技術成績では、とても首位のパフォーマンスとは言えません。ところが1つだけ光っているのが1セットあたりのアタック得点が第2位ということで、私はこれこそが重要な数字だと思っています。アタックのパフォーマンスは決定率にばかり目にいくかも知れませんが、アタック得点の絶対数はチーム力であることは昨年も述べましたし、個人としての力としても私は決定率以上に重視してもいいと思っているくらいです。得点が多くても決定率が低いのを見るとまるで「打ってもなかなか決まらない選手」に思われるかも知れませんが、打数そのものは高くそれだけチームから条件の良くないトスを打ち切る役割りを任せられていることに他なりません。そのような選手をどうして馬鹿にできるでしょうか。それに比べれば打数が少ないが決定率だけ高い選手は、いいところ取りしているように思えるのです。さて岡山のアタック得点がどうして多いのかについて、下記の集計を私なりに行ってみました。

    (被アタック決定率)
    1位 岡山 32.9%
    2位 トヨタ車体 33.2%
    3位 久光製薬 34.3%
    4位 NEC 35.3%
    5位 上尾 36.7%
    6位 日立 37.2%
    7位 デンソー 37.3%
    8位 東レ 40.8%

     この数字は相手からどれだけアタックを決められたのか、という数字で、岡山は相手の攻撃をよく拾っていることが窺えます。よく拾うということはそれだけ自らの攻撃機会をつくることにつながり、それだけアタック得点の絶対値向上につながる訳です。この「被決定率」というものはおそらく手計算するしかないのでしょうが、私はチームの技術集計として残してもいいのではないかと思う次第です。最後に公式記録として順位付けされていませんが、いかにも岡山らしい数字をもうひとつあげておきます。

    (セットあたりアタック失点数)
    1位 岡山 1.63
    2位 久光製薬 1.90
    3位 上尾 1.96
    4位 日立 2.14
    5位 デンソー 2.38
    6位 トヨタ車体 2.50
    7位 NEC 2.68
    8位 東レ 2.72

    他のバレーボール・ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.08.22 Thursday
      • -
      • 11:31
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      岡山と東レの試合の違いを見ると本当によく拾ってるっていうのがすごくわかります。このままなんとか上位キープしたいですねぇ
      • カネゴン
      • 2014/12/23 12:17 PM
       カネゴンさん、お読み頂いてありがとうございます。岡山に関しては今のところは大人しい戦いをしていますが、これから重要な戦いが発生するにつれて、どんな引出しが出て来るか楽しみにしております。
       東レは余りにも戦い方が酷いですね。速いトスばかり非難されていますが、私にはこの拾えないことの方が大問題だと思います。全日本との意思疎通の面からも、チームとして欠陥があるとしか思えないようなことが多々感じられてなりません。本当にどうなっているのでしょうか。「何とか立て直して欲しいです」と嘘でも言う気になれないくらいに、酷い状況ではないかと思います。
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 疑惑を完全否定 村上議長 議長の疑惑を整理(チューリップテレビ 1月31日 18時26分)
        trefoglinefan (04/01)
      • 疑惑を完全否定 村上議長 議長の疑惑を整理(チューリップテレビ 1月31日 18時26分)
        泉田芳範 (03/31)
      • 小石忠男と宇野功芳
        trefoglinefan (03/10)
      • 小石忠男と宇野功芳
        max (02/03)
      • 富山市議会:平成30年12月定例会「政務活動費の事前審査に関する請願」の行方
        trefoglinefan (01/04)
      • 富山市議会:平成30年12月定例会「政務活動費の事前審査に関する請願」の行方
        なんだコリャ?! (01/04)
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        trefoglinefan (08/27)
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        Minae Hatakeyama (08/17)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        love (10/06)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM