<< 全日本女子の新戦術:センター木村が面白い〜レセプション・アタック時とラリー中のポジション・チェンジを積極的に使いたい | main | 全日本の新戦術:黄金のトライアングルで攻守に試合を支配したい >>

全日本女子の新戦術:堅守を支える鉄壁のトライアングル

0
    JUGEMテーマ:女子バレー


     拙ブログでよく述べているトライアングル配置ですが、これまでPG(ポイントゲッタ)のポジションにおけるリベロの配置についてばかり考えてきておりました。そしてバレーのコートで6人居るなかで、ひとつトライアングルをつくると、もうひとつトライアングルができるのですが、そちらの目線で今回は考えてみたいと思います。

    PG 新鍋 PG
    木村 PG 宮下
     PG3人のトライアングルはポジションが同じですので分かり易いのですが、もうひとつのトライアングルは、PH(パスヒッタ)2人とセッター1人によるもので、実はこちらの方もとんでもない力を秘めていることに気付きました。木村沙織、新鍋理沙、宮下遥の共通の特徴をご存じでしょうか。それは守備がとてもいいことです。この3人は相手のアタックをリベロ並みに拾うことができます。ここに着目しない手はないでしょう。
     WGP(ワールドグランプリ)時点でのオーダを以下にもう一度示してみます。

    石井 新鍋 長岡
    大野 木村 宮下

     リベロは大野果奈と長岡望悠のところに入ります。そして木村、新鍋、宮下の3人のうち2人とリベロが後衛となるローテは3つ作れますが、長岡がサーヴを打つ時はずっとリベロ不在になるのが難点です。その点上記のようなトライアングル配置ですと、木村、新鍋、宮下の3人とリベロの後衛は同じ3ローテでありながら、その3ローテともサーヴを打たないPGのところにリベロを入れれますので、サーヴ時もリベロを置いて鉄壁の守りを敷くことができるのです。つまりこの違いが大きいと私は思うのです。
     Hybrid6の導入によって攻撃の仕方が多彩にできるようになったことばかり目立ちますが、攻撃の方だけでなく守りの方にも、新戦術は変革を与えるものになっていくかも知れません。そうした期待が高まります。
     なおこうしたリベロのトライアングル配置を行った際、レセプション成立主義の標準的な(トライアングル配置そのものが標準的とは言えないかも知れないが)リベロの切り換えを行った場合、木村、新鍋、宮下が1本目のサーヴを打つ時にリベロ不在になってしまいます。でも対角リベロと違う点は、連続得点して2本目のサーヴに入る際に、PGの選手に対してリベロを入れることができる点です。とは言え1本目のサーヴでサイドアウトを取られると2本目のサーヴがありませんから、本当は1本目のサーヴを打つ際にリベロを入れておきたいです。その場合直前のPGがサーヴを打つローテで、相手のサーヴとなった時にサーヴを打ったPGの選手のところにリベロを入れる方法が必要になります。その方法は以前にも書いたことがありますが、ひとつはPGがサーヴを打つ際には連続得点を期待しないでリベロを置かない、もうひとつはレセプションのできるPGのワンポイントレセプションという方法でリベロの差し換えを行う、といった方法があります。
     ただ、今年そこまでできるかどうかは不透明で、リベロを対角に入れるのが現実的かも知れません。守備力中心で考えて連続得点を狙う場合は、次のようなものがあるということを、一応私から提案してみたいと思います。

    新鍋 PG PG
    PG 木村 宮下

     これは3人のうちでサーヴがいいのが木村と宮下だからで、この2人がサーヴを打つ場合に特に重点的に守備の強化を行う布陣と言えるでしょう。因みに私でしたらこのローテにおける前衛のPG2人をWS出身者のなかでもブロックの強い迫田と長岡にして、後衛を江畑にします。そうすれば強力ブロックと鉄壁の後衛を背景に、木村と宮下のサーヴで連続得点が期待できると思います。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.01.17 Wednesday
      • -
      • 00:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << January 2018 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        love (10/06)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (10/03)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/29)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (09/28)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM