<< 久しぶりのパソコン | main | 全日本女子バレーに世界標準が当てはまるとは思えない >>

久しぶりの休日

0
    JUGEMテーマ:ご無沙汰〜。


     13日と20日、本当に久しぶりに日曜日らしい日曜日を過ごしました。13日は東京への日帰り旅行?、実はアンサンブル・フィオレッティの皆さんが謝恩会を開いて下さいました。これで活動が終わりなのかと思うと残念ではありますが、時代の流れ(物理的?な)には逆らえないところです。団員の皆さんと宇野功芳氏とは静岡以来でしたが、ピアニストの宮下恵美さんとはいつ以来か分からないくらい、本当に久しぶりでした。他の関係者ともども楽しい時間を過ごしたなかで、音楽業界では全く無肩書きの私が居るのは全く異色ではありましたが、一緒にこれまで振り返っていくなかで、節目になるようなコンサートをしてきたようなことを感じました。全て私が主催の演奏会はお客は集められなかったのでしたが、それなりにフィオレッティの活動に影響があったと思います。
    (2008年の八尾)

     こともあろうに岡島由起子さんが出演できないなかでの強硬開催になりました。私独自の判断で開催の決断を下した訳ですが、このことで以後の思い切った配置換えなど自信をもってできるようになったと思います。何よりも団員の団結力が非常に強固なのを実感できたのが嬉しかったです。

    (2009年の富山)

     「ドンブラコ」の初演。客が入らないなかで大阪や東京での公演に向けて、いい準備になったことは確かです。でも、この時の「ドンブラコ」は実はかなりいい演奏でして、後の射水公演よりは遥かに出来が良かったと思います。

    (2012年の射水)

     2009年に「ドンブラコ」がCD発売された年と翌年、そこそこ公演会もありましたが、この名曲が以後なかなか取り上げられないなかで、何とか最後にもう一度と思って開いたものです。この時に静岡の音楽事務所の方が来ておられ、今年の静岡公演につながりました。来年宝塚100周年を迎えるなかで、最後を飾ることができて良かったです。
     でも、私が開いた射水公演の最大の成果は、村田智佳子さんを初めて起用できたことだと思います。この後村田さんがフィオレッティの演奏会の出演機会があったのは、今年の4月になってからということになったのですが、それだと今年の最終公演の6月まで期間も僅かで、宇野氏の音楽を理解する間もなく終わっていたと思います。
     ところがその出会いが1年近く早まった訳で、今年の3公演において、素晴らしい伴奏のもとで最後の年を終わることができたのではないかと思います。実際に聴いた静岡公演、村田さんが驚くほど宇野氏の指揮に馴染んでいました。

     とまあ、私の勝手な判断もありますが、実際に皆さんと出会えたことは、この上ない幸せなものだったと思います。
     さて、20日は毎年恒例の住民運動会でした。それまでの日曜日は殆ど仕事づけ。なぜそうなったのかと言いますと、今年はどういう訳か配管の老朽化による水漏れが突然のように各家庭で起きているのです。配管の寿命が来ているのだと思われますが、それにしてもどうして今年になって突然なのかが不思議です。
     みなさんのご家庭で昔の鉄管が使われているようなところがありましたら、本当に要注意です。水道を全て止めた状態で、メータが回っていないかどうかを確認されることをお勧めいたします。もし回っていたら、お近くの水道工事業者に見て貰うか、そのような業者を知らない場合は、各市町村の水道局に業者を紹介して貰うのが良いと思います。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.06.18 Tuesday
      • -
      • 10:38
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 疑惑を完全否定 村上議長 議長の疑惑を整理(チューリップテレビ 1月31日 18時26分)
        trefoglinefan (04/01)
      • 疑惑を完全否定 村上議長 議長の疑惑を整理(チューリップテレビ 1月31日 18時26分)
        泉田芳範 (03/31)
      • 小石忠男と宇野功芳
        trefoglinefan (03/10)
      • 小石忠男と宇野功芳
        max (02/03)
      • 富山市議会:平成30年12月定例会「政務活動費の事前審査に関する請願」の行方
        trefoglinefan (01/04)
      • 富山市議会:平成30年12月定例会「政務活動費の事前審査に関する請願」の行方
        なんだコリャ?! (01/04)
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        trefoglinefan (08/27)
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        Minae Hatakeyama (08/17)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        love (10/06)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM