<< 9月のアクセス・ランキング | main | ファッション感覚の女性向け囲碁情報誌「碁的」 >>

有山麻衣子の演奏会があったのですね

0
    JUGEMテーマ:声楽曲


     7月のフィオレッティの演奏会で心を向ける余裕がなかったのですが、今秋、有山麻衣子がソロで歌うという情報は春に入っていました。「バスタバスタ」という合唱団の演奏会で歌うというところまで。それで、「バスタバスタ 有山麻衣子」で検索したりしていたのですが、その情報が見付らず。そうしたら、「basta basta 有山麻衣子」で今になって検索してやっと発見しました。9月に演奏されてもう終わっていました。事前にお知らせできなくて申し訳ありません。因みに伴奏はギターです。

    演奏会情報 >>
     前半の童謡、唱歌はかなり宇野功芳氏の影響を受けたものになっています。「宵待草」「荒城の月」は宇野氏は取り上げていませんが、「秋を呼ぶ歌」や「霧と話した」はトレフォリネで歌ったもの。「霧と話した」はもともとソロの曲ですが、「秋を呼ぶ歌」はどう考えても合唱曲。メロディー・ラインがはっきりしているので、ソロで歌えない歌ではないのだか、これを舞台でソロなんて有山さんしか考えないのではないでしょうか。
     「赤とんぼ」は日下田玲とデュオでやった曲。勿論これはもともとソロで歌う童謡。「きいろいきいろい歌」は宇野氏以外見向きもしないものですね。「鞠と殿様」はフィオレッティでは森康子さんがソロで歌っていた曲ですが、はてさて、この歌いったいどんな聴衆に聴いてもらったのでしょうか。
     後半の外国の歌となると一変、宇野氏から完全に脱却しています。宇野氏のもとで歌ったのは「Pie Jesu」くらいで、一世代前によく歌われたシューベルトの「野ばら」や、最近流行って誰でも一度は歌ってみたい
    カッチーニの「Ave Maria」やヘンデルの「Ombra mai fù」というものが入っています。と思ったら「Ombra mai fù」はギターのソロですね。この曲を歌なしでギターで弾くということは、かなりの名手なのでしょうか。ちょっと私には想像できないですね。テンポが遅い曲だけに。
     ということで久しぶりの有山さんの情報でしたが、何の役にも立てませんでした。

    他の音楽ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.10.19 Saturday
      • -
      • 23:04
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      こんばんは☆

      お久ぶりです.

      有山さんの9月の公演.
      私は直前(公演2〜3日前)に知りましたが,
      当日券はないようなのであきらめました.
      これからも時々チェックします!
      一度,有山さんの歌声を近くで拝見拝聴したいものです.

      また,フィオレッティに関しては12月の公演を楽しみに待っているところです.

      それでは,これからもどうぞよろしくお願いします☆

      nekoski
      • nekoski
      • 2012/10/13 4:27 PM
       nekoskiさん、BastaBastaの演奏会は当日券がないくらいに盛況だったのですか。こちらはいつも全然集まらずに苦労しているのですが。
       今度大阪に行かれるのですね。大阪だと宮下さんの伴奏になりますが、村田さんの伴奏でも一度是非聴いて欲しいと思います。これだけ個性のある伴奏ピアニストも、珍しいですので。
       フィオレッティのコンサートはもう残すところ僅か。1回1回が貴重になります。
      こんにちは。ご無沙汰しております。
      昨年のコンサートはご案内せずに、失礼致しました。
      今年はソロのコンサートは予定しておりませんが、所属する合唱団のコンサートがありますので、お知らせします。
      http://www.eonet.ne.jp/~basta/concert14.html
      • アリヤママイコ
      • 2013/06/05 12:30 PM
       有山さんのファンの方でしょうか。それとも合唱団のお方でしょうか。こうしたお知らせは大歓迎ですので、またお教え下さい。
       もう終わっちゃったのですね。自分のブログでありながら、見過ごしてしまって申し訳ありません。当日のレポートなどコメントにして頂ければ幸いです。
      昨年もご案内した私は有山本人です。
      その節は大変お世話になりました!
      今年も秋にバスタバスタのコンサートがあります。今年は記念公演で、いつも以上に力が入っています。
      ラターのマニフィカトを演奏します。
      ソプラノソロは有山です。
      http://www.eonet.ne.jp/~basta/concert15.html
      • アリヤママイコ
      • 2014/05/20 2:55 PM
       有山さん、せっかくご案内頂いたのに、返答できなくて申し訳ありませんでした。ご本人とも知らずに昨年は失礼いたしました。
       ちょっと今年は事情が許さず、遠出することができませんでした。来年もまたご案内頂ければ幸いです。
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM