<< 巨大なゴミ焼却場を有効利用しよう | main | 旅館のホームページ >>

最後のスキー実習

0
    JUGEMテーマ:教育


     今日のスキー場旅館仕事はお昼でした。京都の中学生が毎年少し離れたホテルに泊まってスキー実習に来ているのですが、お昼にホテルに戻るのも大変なので、スキー場の目先にある当旅館が、昼食を受け入れている訳です。かなり長い間ご利用頂いたのですが、残念ながら今年で最後なのだそうです。その理由はゆとり教育の見直しにより、スキーを教える時間がなくなってしまうからなのだそうです。
     中学の体育で、とりあえず武道が必須になるようです。でもこの学校では、ゆとり教育以前から来て頂いているのでなにが問題なのかと思ったら、ゆとり教育の前以上の詰め込みが、来年度の体育授業で行われることが決まっているとのこと。そう言われるとNHKのニュースで、来年度からヒップホップ体育の授業に入るらしい。穏やかな情緒、控えめな情緒こそが日本人だと思っている私にとっては、つい目くじらを立てそうなことなのだが。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.10.19 Saturday
      • -
      • 23:07
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM