<< 囲碁こそ究極のゲーム | main | 童謡が小学校の教科書から消えたって本当ですか >>

バックハウスの「悲愴」

0
    JUGEMテーマ:ピアノ♪


     バックハウスが弾いたベートーヴェンのヒアノ・ソナタは、どの曲をとっても人気があります。「悲愴」もそうでした。曲の紹介画像としてハイドシェックの映像を使います。


    動画詳細
     バックハウスのピアニズムは、遊びがなく健康で真摯そのものです。だけど表現が渋い訳でも何でもなく、特にフォルテでの音色が多彩。表面のゴツゴツしたものとは裏腹に、細部まで神経が届いています。下記にバックハウスのCDを提示しておきます。
     今月のアンケートはモーツアルトのソナタ「トルコ行進曲つき」のお気に入り演奏で、締め切りは1月31日です。

    他の音楽ブログ



    スポンサーサイト

    0
      • 2020.01.18 Saturday
      • -
      • 22:50
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << January 2020 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM