<< ブラームスのピアノ協奏曲は昔からバックハウスとベーム | main | ヤクルト関係者は全然眠れないでしょうか >>

「造作」ってどう読みますか

0
    JUGEMテーマ:日本語


     当塾では、時間の合間に生徒さんに音読をさせています。そのなかで、ある大工さんの物語がありました。そのなかで「造作」という言葉が出てきました。
     中学生はこの字、だいたい「ぞうさ」と読みます。普通はそうなので私もスルーしたのですが、後から気付いて、これは「ぞうさ」ではないことに気付いたのです。実は建築用語で「造作」というのがあり、これは「ぞうさく」と読みます。木造住宅における柱や梁など建物の形を支えるものを構造材と言うのに対して、室内の仕上げに使われるもの、例えば巾木や廻り縁、窓枠や敷居、鴨居といったものは、造作材(ぞうさくざい)と言います。そのようなことを思い出しましたので、ちょっと話題にしてみた次第です。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.10.19 Saturday
      • -
      • 22:45
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM