<< ガイエルの魔力 | main | 求む:親指シフト・ユーザ >>

アメリカシロヒトリの甚大な被害

0
    JUGEMテーマ:害虫


     ここ数年、近隣の広葉樹が立ち枯れているのが目立ちます。それらはアメリカシロヒトリにやられているようです。実家の場合駆除はするものの、殆ど毎日見張っていないと仕方のない状態で、それに伴う労力が莫大この上なく本当に困っています。
     このように単一種の害虫が増えるのは本当におかしい、と思います。天敵はどうしているのか、と思っていたところ、調べてみるとアメリカシロヒトリは進駐軍が持ち込んだ種のようです。ということは、天敵が居ない日本に入ってきて、日本の生態系を荒らしていることになるのでしょうか。西洋タンポポなどの外来種が日本の在来種を脅かしていることは有名な話しですが、こうした昆虫も突然変異のように発生して、どうにも手におえなくなっています。ということは、事態も案外深刻なことになっているのですが、こういうことが騒がれないのはどうしたことでしょうか。私には放射性物質よりも、恐ろしいことのように思えてならないです。

    他の環境ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2020.02.23 Sunday
      • -
      • 10:15
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM