<< 職人って何なのだろう | main | 男結びの結び方 >>

左官仕事は根気

0
    JUGEMテーマ:職人技


     今の日本人、職人と言えば殆どが高齢者ですが、その中でも最たるのが左官屋さんではないでしょうか。工事現場へ行っても、若い左官屋さんは見たことがありません。それもその筈、他の職種は余程のことがない限り朝8時から夕方5時までと決まっているのですが、左官はそのような訳にはいきません。他の職種と大きな違いは、一度仕事にかかると終わらない限り、帰ることはできません。例えば大工さんだったら、時間が来れば続きは明日、というのが比較的容易にできます。ところが左官の場合は、セメントが固まらないうちに最後まで仕上げる必要がありますので、翌日に持ち越しなどできる訳がありません。そして何より根気がいります。
     実は私ここ最近、コンクリート仕事ばかりやっています。配管が終わった後の舗装や、エアコンの基礎などコンクリートの資材を持って、あちこち走り廻っているのです。このようなこと過去にあったでしょうか。
     基礎の地下の部分はコンクリートを打てばそれで終りなのですが、地上に見える所や配管後の舗装復元は、表面を綺麗に仕上げなくてはいけません。そうした場合がやっかいなのです。これまで左官屋の仕事を見てきたのですが、コンクリートが終わったのにその後どれだけでも居て、いつになったら帰るのだろう、と思っていました。ところがいざ自分がやってみると、コンクリートを打ってからがいよいよ左官屋の仕事の本番です。とりあえず表面を撫でますが、コンクリートがまだ柔らかいうちは、砂や砂利が浮いてきます。それを何度も何度も丁寧に押さえていき、コンクリートが固まるまでこれを続けないと、表面が綺麗にならないのです。私が今やった夏場でさえ、最低でも2時間−本職の方から見ればまだ早すぎると言われそうだが−は見張っていなくてはいけません。ですから冬場など何時間張りつかなくてはいけないのか、分かったものではありません。
     職人に求められているのは何と言っても腕かも知れませんが、左官に関して言えば勿論腕でしょうが、それ以上に強靱な精神力が、必要なのではないかと思います。根気というか我慢というか。そういうのが今の若い世代程、苦手なことなのかも知れません。
     でもやってみて、これ程夢中になれる仕事もないかも知れない。やったらやっただけ返ってきますから。左官屋さんの仕事ぶり、機会があれば是非ご一見を。私の行ったのはあくまでコンクリートですが、塗り壁もきっと根気が要るのでしょうね。もっとも塗り壁など最近めっきり見かけなくなりましたが。

    他の日記ブログ


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.09.21 Saturday
      • -
      • 23:48
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 疑惑を完全否定 村上議長 議長の疑惑を整理(チューリップテレビ 1月31日 18時26分)
        trefoglinefan (04/01)
      • 疑惑を完全否定 村上議長 議長の疑惑を整理(チューリップテレビ 1月31日 18時26分)
        泉田芳範 (03/31)
      • 小石忠男と宇野功芳
        trefoglinefan (03/10)
      • 小石忠男と宇野功芳
        max (02/03)
      • 富山市議会:平成30年12月定例会「政務活動費の事前審査に関する請願」の行方
        trefoglinefan (01/04)
      • 富山市議会:平成30年12月定例会「政務活動費の事前審査に関する請願」の行方
        なんだコリャ?! (01/04)
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        trefoglinefan (08/27)
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        Minae Hatakeyama (08/17)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        love (10/06)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM