<< シューリヒトほど通好みの指揮者も珍しい | main | 政治家の生きる道は何ですか >>

声楽ってさっぱり人気がないですね

0
    JUGEMテーマ:声楽曲


     5月のアンケート、声楽曲で好きな作品を取り上げましたが、さっぱり集まりませんでした。どうも声楽は人気がないですね。そうしたなかで、シューベルトとシューマンに複数件取り上げられたのは、順当なところでしょうか。とは言え、今回はフォーレの「月の光」を取り上げたいと思います。


               (動画詳細
     フランスの作曲家フォーレの作品は、シューベルトやシューマンなど独墺の作曲家に比べてあまり知られていませんが、代表作「レクイエム」などたくさんの優れた歌曲を作曲しました。このアンケートで取り上げられた「月の光」も実に幻想的で思わず夢を誘ってしまう優れた作品だと思います。「愛の夢」という歌もありますが、リストのピアノ曲よりも余程美しいと思います。これは宇野功芳「心の四季」で聴くことができます。

    他の合唱ブログ

                        

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.10.19 Saturday
      • -
      • 06:31
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM