<< 紅葉:合唱の技法が取り入れられた小学唱歌 | main | きいろいきいろい歌:表面的に単純でありながら謎かけのある愉しい歌 >>

冬景色:何気ない冬の情景をのどかに歌う

0
    JUGEMテーマ:合唱



               (動画詳細

    コンサート情報 >>
     「冬景色」(作詞作曲不詳)も好きな人が多いと思います。私も小学校の確か5年生の時に習ったような気がします。雪が登場してきませんので、雪の降らない地方なのかそれとも雪の降る前、晩秋の光景なのかは分かりませんが、我々雪国に住む人にとっては、ちょっと違った冬景色に感じました。雪のあるところでは「麦踏み」はしなくてもいいですし。
     「故郷」は同窓会などで集まった時によく歌われたりすると思うのですが、メロディーが心に残るという点においては、むしろ「冬景色」の方が上ではないでしょうか。何げない歌なのですが、なぜか心を捉えるものを持っていると思います。

    他の合唱ブログ

                         

    スポンサーサイト

    0
      • 2020.01.18 Saturday
      • -
      • 22:32
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << January 2020 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM