<< 永遠のしらべに:アンサンブル・フィオレッティ宇和島公演2010 | main | 「オーヴェルニュの歌」と言えばやっぱりダヴラツ >>

「あわれの少女」はこんな歌

0
    JUGEMテーマ:童謡・唱歌



               (動画詳細

    コンサート情報はこちら >>
     「あわれの少女」の動画を見つけました。このメロディはフォスター作曲の「故郷の人々(スワニー河)」で有名ですね。「故郷の人々」はフォスター自身の詞を訳したものですが、「あわれの少女」はフォスターのメロディに宇和島生まれの作家、大和田建樹が詞をつけたものだったのです。明治時代の唱歌はこのように、外国のメロディに日本人が歌詞をつけたのが本当に多かったです。アンサンブル・フィオレッティの宇和島公演でのプログラムでも、「旅愁」「星の界」「故郷の空」といった曲が、これに相当します。

    他の合唱ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.09.21 Saturday
      • -
      • 21:24
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      NHK 紅白歌合戦 出場歌手が決定!
      司会、松下奈緒・嵐、初出場は植村花菜、クミコ、西野カナ、AAA、HY、郷ひろみが9年ぶり出場
      • 紅白歌合戦 出場歌手が決定!
      • 2010/11/25 10:47 AM
      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 疑惑を完全否定 村上議長 議長の疑惑を整理(チューリップテレビ 1月31日 18時26分)
        trefoglinefan (04/01)
      • 疑惑を完全否定 村上議長 議長の疑惑を整理(チューリップテレビ 1月31日 18時26分)
        泉田芳範 (03/31)
      • 小石忠男と宇野功芳
        trefoglinefan (03/10)
      • 小石忠男と宇野功芳
        max (02/03)
      • 富山市議会:平成30年12月定例会「政務活動費の事前審査に関する請願」の行方
        trefoglinefan (01/04)
      • 富山市議会:平成30年12月定例会「政務活動費の事前審査に関する請願」の行方
        なんだコリャ?! (01/04)
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        trefoglinefan (08/27)
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        Minae Hatakeyama (08/17)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        love (10/06)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM