<< 気孔ってこういうものなのでしょうか | main | 富山地区広域圏事務組合一般廃棄物最終処分場建設中止へ >>

護摩堂の霊水

0
    JUGEMテーマ:名水


     2007年にハイドシェックが富山に来た際、上市町にある温泉(正確には鉱泉)宿に泊まりましたが、そこはかなり解毒作用の強いところで知られていました。そこを思い出して先日訪ねたところ、近くに弘法大師が引いたとされる湧き水がひっぱってきてあり、その水を汲んで帰りました。
     家へ持ち帰って飲んでみると、実際に美味いです。その場では当たり前過ぎて味が分からなかったのですが、水道水でもそのまま飲むことができる富山の家庭にあっても、わざわざ汲んできたこの水は本当に掛け値なしに美味い。持ち帰ったのはペットボトル数本だったのですが、2、3日この水を飲むと特に便通が良いような気がしました。やっぱり解毒作用があるのでしょうか。
     実は私「水断食」を何度かやりました。長いときには一週間近く山から引いた水だけを飲んで暮らしたのですが、水は水道水でなくとも最良とは言えませんでした。強い雨が降るとどうしても濁ってしまうのです。つまり票流水がどうしても混じってしまいます。
     でも、この護摩堂の霊水を飲んでみると何だか久しぶりに断食をしたくなってきました。これまでの断食は期間中、それなりに体の浄化が行われましたが、小腸にある宿便までは落とすことができませんでした。でも、この水でならできるのではないか、と思うような私にとっては本当にやる気の出る水です。でも、なかなか実行できません。最近は実家に居ることが多く、家族が一緒ではなかなか断食ができないのも現実ですから。
     キリスト教やイスラム教では今でも断食が行われるのですが、日本では断食というのはなかったのでしょうか。これをすれば、人体の細胞一つひとつがいかに素晴らしい働きをしているかが、よく分かるのですが。能力全開間違いなしです。
     そう思いつつも、この護摩堂の霊水を胸に刻み、ひとつ尊い目標に向かってまた一歩前に踏み出して行くことにいたします。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.10.19 Saturday
      • -
      • 04:13
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      「桃太郎」に書き込んで頂きご縁が出来ました。これからも宜しくお願い致します。
      小生は 宇野君と中学の同期生で一緒に歌った仲間です。今なお 平均年齢70歳以上のメンバーによる男声合唱を楽しんでいます。
      明年4月には東京築地の浜離宮朝日ホールで11回目の定期演奏会を開きます。
      ちなみに今年の5月には松江市ぷらばホールで演奏会を催しました。その話は331話に書いております。ご一読願えれば有難く思います。
      • 歌好き爺さん
      • 2010/09/22 5:21 PM
      こんばんは♪
      昨日、一昨日と、長野にある初谷温泉というところに行ってきました。ここは「宝命水」という鉱泉が沸いているとのことで、前々から行って見たかったところです。
      けれど、宝命水は、ちょっと刺激が強かったようで、お腹を壊してしまいました。ミネラル分の含有がおおかったんでしょうか、それとも鉄が多かったんでしょうか?
      残念ながらtorefoglinefanさんのように断食は出来ませんでした。
      でも、断食などされると、ますます聖フランシスに似てきてしまいますよ。
       歌好き爺さま、ようこそいらっしゃいませ。かなりバタついちゃいましたので、返信が遅れて申し訳ありません。
       宇野さんの合唱の原点は、きっと幼少の頃の少年合唱にあると思います。その時の経験が、女声に対して清らかさを求めて続けておられるのではないでしょうか。
       いろいろなお話、是非聴かせて頂ければと思います。
       EYASUKOさん、実は断食、11月6日から11月11日まで6日間行いました。がんばって宿便まで出したかったのですが果たせず、12日に運動会(結局行けなかったけど)の練習があり、その後に飲むことになっていましたので、その日の午後で断食を打ち切っちゃいました。
       でもこの水のお蔭で、断食最終盤でも体温が下がるどころかまだ上がって、体もよく動くし本当に楽しく断食ができました。
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM