<< 猛暑の続く富山 | main | 44年ぶりの快挙:借金19完済 >>

今年の夏の甲子園、果して戦績は

0
    JUGEMテーマ:高校野球


     今年の夏の甲子園、予選のことしか書きませんでしたが、例年どおりラジオを主に聴いていました。特に同姓の好という訳でもないのですが、成田高校の中川諒投手を応援していたのですが、準決勝まで一人で投げ抜いて本当によく頑張ったと思います。
     それで、私自身の応援したチームの戦績、どうなったのか以下にまとめてみました。

    (応援したチームで勝った方)

    (1回戦)

    ・成田
    ・八戸工大一
    ・北大津
    ・遊学館
    ・福井商

    (2回戦)

    ・土岐商
    ・履正社
    ・新潟明訓
    ・成田
    ・北大津
    ・早稲田実
    ・佐賀学園
    ・興南

    (3回戦)

    ・聖光学院
    ・新潟明訓
    ・九州学院
    ・成田
    ・興南

    (準々決勝)

    ・成田

    (準決勝)

    ・興南

    (決勝)

    ・興南

    (応援したチームで負けた方)

    (1回戦)

    ・松本工
    ・宇和島東
    ・佐野日大
    ・南陽工
    ・倉敷商
    ・北照
    ・旭川実
    ・砺波工
    ・本庄一
    ・鳴門
    ・大分工
    ・開星

    (2回戦)

    ・水城
    ・広陵
    ・日川
    ・能代商
    ・山形中央
    ・遊学館
    ・福井商
    ・延岡学園

    (3回戦)

    ・土岐商
    ・早稲田実
    ・佐賀学園

    (準々決勝)

    ・聖光学院
    ・九州学院
    ・新潟明訓

    (準決勝)

    ・成田

    以上、21勝27敗でした。
    毎年だいたい、応援している方は負けることが多く、
    今年はまだまともだと思っていましたが、
    それでも負け越しちゃうのですよね。
    だからまるで自分が疫病神に感じちゃうのです。
    応援されるチームに申し訳がなく。
    これ、どうにかなりませんものでしょうか。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.10.19 Saturday
      • -
      • 03:45
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      廃車 高価買取
      どんなお車でも値段をつけさせて頂きます♪
      • 廃車 高価買取
      • 2010/09/24 2:53 PM
      calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM