<< ヤクルトが中日に強い理由 | main | 猛暑の続く富山 >>

ハイドシェックの誕生日とNHK−BS

0
    JUGEMテーマ:テレビ番組


     昨日8月21日はフランス人ピアニスト、エリック・ハイドシェックの誕生日でした。加齢とともにピアニズムも熟成(円熟という言葉はまだ使いたくない)しつつあり、今後の活躍も本当に楽しみです。それで昨夜8時頃、普段は見ることのある訳のない新聞のテレビ欄を見たところ、NHK−BSの午後6時から、「ななみエリックさん宇和島市」という文字が飛び込んできました。
     それにしても、ハイドシェックが宇和島で活躍したのは、もう20年も前のこと。どうして今頃になって取り上げられるのだろう、と思っていたら、ハイドシェックの誕生日だった訳です。そういうのをやっていたのを知らなかったのは不覚の極み、後の祭りというものです。でも、ハイドシェックがNHKのBSでようやく取り上げられるようになったのか、ということをとりあえず喜ぶことにいたしましょう。もしご覧になった方が
    おられましたら、是非コメント下さいませ。
     私の方からはせめて、エリック・ハイドシェックの宇和島ライヴのCDを、本日は取り上げておきたいと思います。名にはともあれ、これを聴かないとハイドシェックは語れない、代表盤中の代表盤です。

    他の音楽ブログ

                         

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.10.19 Saturday
      • -
      • 00:21
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      trefoglinefanさま

      大変ご無沙汰しております。

      これは正式には「BSななみDEどーも!」という番組だそうで、子供向けのバラエティ番組です。
      エリックさんは・・・「えいごであそぼ」に出演されている、
      エリック・ジェイコブセンさんでこの回のゲストとのことです。
      この回は宇和島市で収録だったとのことで収録場所は南予文化会館。
      この番組出てくる「ななみ」ちゃんというキャラクター名もなぜかBBさんを思い出してしまいますね(笑)

      それにしても偶然とはいえハイドシェック誕生日に何ともややこしい放送があったものですね。
      ややこしいと感じるのは我々のような
      熱烈なハイドシェックファンだけかもしれませんが・・・(笑)

      もうあれから20年にもなるのですね。
      いつか本当にTVでハイドシェックが取り上げられることを強く願うのみです。
      お誕生日の見せた「真夏の夜の夢」でしたね。残念です。
      それにしても、さすがmagnetさん、情報通です。
      友人に「何か良いクラシックのCDは?」と聴かれたので、宇和島シリーズを貸したら、すっかりハイドシェックファンになってしまいました。「次の公演はいつ?」とせっつかれていますが、それはわたしも知りたい!(笑)
       magnetさん、そうでしたか。それは本当にややっこしいですよね。「ななみ」という名にもつられてしまいました。
       本当にいつの日か、テレビで放映して欲しいですね。
       EYASUKOさん、ハイドシェックと言ったら宇和島。これを聴かないでピアノを聴いたと言って欲しくないですよね。
       次の公演、本当にどうなっているのでしょうか。でもビールのことでも思ったのですが、今の日本人、真剣にいいものを求めていません。だからやるだけ空しくなってしまうのも事実です。本当に困ったものです。
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM