<< モーツァルトのピアノ協奏曲第24番:心を抉る深いコンチェルト | main | 実に馬鹿げた高齢者の行方不明 >>

モーツァルトのピアノ協奏曲第12番:清らかで美しい流れるような曲

0
    JUGEMテーマ:ピアノ



               (動画詳細
     モーツァルトの協奏曲を話題にしてきましたが、票の入らなかった曲で1つ、第12番、アシュケナージとハイドシェックを聴き比べてみましょう。ハイドシェックは下の動画で4分15秒以降に断片で入っているだけですが。


               (動画詳細

    他の音楽ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.02.26 Sunday
      • -
      • 02:53
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      10年か。
      10年前の今日、八尾でハイドシェックの公開セミナーがありました。 この1週間前には小杉町でコンサートがあり、ボクはこのコンサートのお手伝いをしたのがきっかけでハイドシェックと出会いました。 この10年は、濃いです(笑)...
      • ピアノの塗装とか修理をやってます。【ぴやのや日記】
      • 2012/12/01 4:21 PM
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728    
      << February 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        trefoglinefan (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        maki (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/10)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      • ワールドカップ男子バレー:チーム・アルゼンチン
        trefoglinefan (09/21)
      • ワールドカップ男子バレー:チーム・アルゼンチン
        なおき (09/21)
      • バレーボール全日本はサーヴレシーヴ成功率100%を目指さなくてはいけない
        trefoglinefan (09/19)
      • バレーボール全日本はサーヴレシーヴ成功率100%を目指さなくてはいけない
        ぽん太 (09/19)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM