<< 三条の金物 | main | 阿賀野川沿いを行く >>

村松の城下町

0
    JUGEMテーマ:新潟県


     三条を下りて車は田上町を通り県道67号線で五泉へ向かいました。そこで国道290号線に合流すると、すぐに村松の城下町に入ります。
     縮尺の大きい地図を見ると、290号線はまっすぐに村松を通り抜けます。ところがこの国道は城下町の中を通っていて、何度も直角に折れていきます。運転手の人によると、城は攻めてくる人の妨げになるよう、わざとクランクのような道にしたのだそうです。そう言われると、金沢の道路を走ると、やたらとクランクがあるような気がします。
     村松藩は越後で上杉の後を受けた徳川譜代の大名堀氏により分藩され、3万石の独立した藩として誕生しました。平地が少なく幕末まで殆ど石高が上がることはなかったのですが、廃藩置県で村松県になり、やがて新潟県に統合されました。以後村松町として自治体を形成しききましたが、平成の大合併で五泉市に統合されてしまいました。この時新たな市の名前として五泉村松市、五泉さくら市(村松町の花から)など検討されましたが、結局は五泉市となり市町村名からは村松の名前が消えてしまいました。
     歴史は時代とともに風化する運命にあります。かつては賑わいだこの城下町も、シャッターがあちらこちら下ろされ、心持ち寂しく通りすぎて行ったのでした。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.10.19 Saturday
      • -
      • 19:59
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM