同期会にて思う:今やブログなんて古いのだろうか

0

    JUGEMテーマ:同窓会



     8月27日に中学生(上滝中学校)時代の同窓会(同期会)が行われました。前回は住所不明で連絡不行き届きに近く、一応案内があったのですが、余りにも詰まっていましたから返信に心が向かず欠席してしまっていました。ですからおそらく約25年ぶりでの出席になったと思います。もっとも25年前は私は世話役だったのですが。出席者は約130名中50名だったのですが、同級生との久しぶりの再会に、当時の思い出話もいたしました。
    続きを読む >>

    「むぎや」を上手に歌おう特設ページ

    0
      JUGEMテーマ:合唱


       特設ページをもうひとつ作ります。中学校、高校の合唱コンクールで取り上げられることの多い「むぎや」、上手に歌った時は多大な感動の得られることで、人気がある一方でこの合唱はとても難しいとも言われています。そこでこのページでは、「むぎや」を歌ううえでのQ&Aや、実際に歌ったうえで、上手くいったところや苦労したことなど、ご自由にコメントをご使用頂ければと思います。また、コメントに対するリアクションも、是非ご自由に行って頂ければ幸いです。

      他の合唱ブログ

      「むぎや」体験談特設ページ

      0
        JUGEMテーマ:合唱


         このブログ、「むぎや」に関するコメントが多いです。ですからみなさんが見やすいようにコメント専用ページを作りたいと思います。とりあえず今回は「体験談」のページを作ってみました。勿論リアクションもご自由にして頂ければと思います。

        他の合唱ブログ

        calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << July 2018 >>
        PR
        ランキング
        音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
        ブログ更新状況
        ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
        他のブログ
        楽譜ネット
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
          trefoglinefan (10/07)
        • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
          love (10/06)
        • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
          trefoglinefan (10/03)
        • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
          ムラ (09/29)
        • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
          trefoglinefan (09/28)
        • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
          ムラ (09/23)
        • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
          trefoglinefan (09/14)
        • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
          ムラ (09/13)
        • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
          trefoglinefan (05/27)
        • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
          オニヒトデ (05/23)
        recent trackback
        recommend
        北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
        北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
        北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
         リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM