杉原千畝物語:私なりの視点

0
    JUGEMテーマ:日記・一般


     12月23日大変疲れる会でしたが、水澤心吾のひとり芝居「杉原千畝物語」はなかなか良かったです。芸術的なものではないのですが、いい勉強になりました。6000人ものユダヤ人の命を救った話は余りにも有名なのですが、その並ならぬ友愛精神が讃えられているのだと思います。でも、私はちょっと違った視点で、杉原千畝を眺めた次第です。
    続きを読む >>

    杉原千畝物語

    0
      JUGEMテーマ:音楽


       アクセス・ランキングで「水澤心吾」が多かったですから、何気なしにこの文字列でYahoo検索してみると、「中川岳志のブログ」が直ぐに出て来るではありませんか。これは大した記事も書いていないのに、とんでもなく申し訳ないことをしてしまいました。
      続きを読む >>

      水澤心吾ってご存知ですか

      0
        JUGEMテーマ:音楽


         パソコン結局壊れました。まずハードディスクが壊れてこれを交換したものの本調子に戻ることはなく、ついには動かなくなりました。貧乏な私は新品など買う余裕がなく、中古で買ったりしたのですが、セットアップにかなり時間がかかってしまいました。本体に約二万円、キーボードに約二万円、その他ソフトウェアに数千円を投資したことになります。
        続きを読む >>

        calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << November 2018 >>
        PR
        ランキング
        href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
        ブログ更新状況
        ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
        他のブログ
        楽譜ネット
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
          trefoglinefan (08/27)
        • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
          Minae Hatakeyama (08/17)
        • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
          trefoglinefan (10/07)
        • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
          love (10/06)
        • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
          trefoglinefan (10/03)
        • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
          ムラ (09/29)
        • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
          trefoglinefan (09/28)
        • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
          ムラ (09/23)
        • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
          trefoglinefan (09/14)
        • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
          ムラ (09/13)
        recent trackback
        recommend
        北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
        北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
        北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
         リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM