立川志の輔の育った骨董屋

0
    JUGEMテーマ:落語




     このCDは「これがUNO」シリーズの1組で、3枚のうち1枚が宇野功芳氏の父牧野周一の漫談が収められています。このブックレットにあるエッセーのなかに、宇野功芳氏が日本で最も高く評価する落語家の一人が、立川志の輔であると述べておられます。もっともこのことはレコ芸2009年6月号でも寄稿してあったそうですが。

    コンサート情報 >>
    続きを読む >>

    ステンド・グラスの街:射水

    0
      JUGEMテーマ:オススメスポット


       「ドンプラコ」富山公演がいよいよ3日後に迫りました。孤軍奮闘していた前回よりは、人が集まるのかな、とは思いますが、ホールがいっぱいになるまではまだまだです。それでも中央の前半分(正確には前2/3)は残り少なく、早いもの勝ちの状況になってきました。


      動画詳細

      コンサート情報 >>
      続きを読む >>

      JR猪谷駅

      0
        JUGEMテーマ:鉄道旅行


         昨日、岐阜県県境付近で仕事をしていました。それでお昼の時間に何か食べようと思い、猪谷駅前に駐車したところ、余りにも何もない状況で驚きました。店らしきものはひとつもなく、あっても殆どが閉まっていたのです。
        続きを読む >>

        岩盤浴

        0
          JUGEMテーマ:スーパー銭湯


           演奏会を聴こうとした場合、よく前日の夜行に乗ります。どんなところでも眠れるからですが、当日に移動すると電車に揺られてそのまま演奏会を聴くのが辛いことがあります。その点朝に到着すると、午前中ゆっくりと体を休めて、午後からの演奏会に臨むことができるのがいいです。今では都市部の真ん中にスーパー銭湯というのがありますので、本当に便利になりました。
          続きを読む >>

          護摩堂の霊水

          0
            JUGEMテーマ:名水


             2007年にハイドシェックが富山に来た際、上市町にある温泉(正確には鉱泉)宿に泊まりましたが、そこはかなり解毒作用の強いところで知られていました。そこを思い出して先日訪ねたところ、近くに弘法大師が引いたとされる湧き水がひっぱってきてあり、その水を汲んで帰りました。
            続きを読む >>

            遙かなる六十里越

            0
              JUGEMテーマ:


               奥日光から富山への帰り、どうするか迷いました。来るときは新潟に用事がありましたので、会津経由で来たのですが、帰りは日光から前橋へ出るのが本筋と言えるでしょう。でもその運転手はどういう訳か、高速道路を使うのが極端に嫌いなようです。普通ならば迷わずから関越道、北陸道を乗り継いで帰るでしょう。ところが、そういうのは嫌なようです。お気に入りルートは高崎から佐久へ出て、そこから松本まで行って安房峠を越えて帰って来るのですが、碓氷峠や三才山峠、安房峠を重い車で越えるのが嫌だったみたいで、結局会津ルートになりました。
              続きを読む >>

              奥会津

              0
                JUGEMテーマ:会津


                 車は会津美里を出発して、会津西街道国道121号線に出てずっと南下しました。途中芦の牧温泉を横切ったのですが、ここはいかにもリゾートの温泉街で、十何階建ての大きな旅館がひしめいていました。そこを過ぎると会津の再南端に開けた町、南会津町に出ます。
                続きを読む >>

                新鶴温泉

                0
                  JUGEMテーマ:温泉


                   4月19日は新鶴温泉に泊まりました。会津坂下と会津若松の間に、新鶴というETC専用のインターがあり、そこで下りて小高い台地に登るとそこに温泉を使った施設が建っています。おそらく会津美里町が第三セクターで経営しているのではないかと思われます。
                  続きを読む >>

                  阿賀野川沿いを行く

                  0
                    JUGEMテーマ:河川


                     三条から五泉を抜けて磐越道への道は、斜めになっていて距離は近いのですが、会津の方へ向かう場合に入るインターで迷ってしまうのです。国道290号線を走っていると、磐越道と平行して走る49号線につきあたるのですが、ここに一番近い安田インターは反対方向になりますし、順方向の三川インターは49号線からかなり入った位置になってしまいます。
                    続きを読む >>

                    村松の城下町

                    0
                      JUGEMテーマ:新潟県


                       三条を下りて車は田上町を通り県道67号線で五泉へ向かいました。そこで国道290号線に合流すると、すぐに村松の城下町に入ります。
                      続きを読む >>

                      calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>
                      PR
                      ランキング
                      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
                      ブログ更新状況
                      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
                      他のブログ
                      楽譜ネット
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
                        trefoglinefan (10/07)
                      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
                        love (10/06)
                      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
                        trefoglinefan (10/03)
                      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
                        ムラ (09/29)
                      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
                        trefoglinefan (09/28)
                      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
                        ムラ (09/23)
                      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
                        trefoglinefan (09/14)
                      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
                        ムラ (09/13)
                      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
                        trefoglinefan (05/27)
                      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
                        オニヒトデ (05/23)
                      recent trackback
                      recommend
                      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
                      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
                      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
                       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM