佐藤久成ヴァイオリンリサイタル〜宇野功芳メモリアル〜:宇野功芳氏の演奏者評

0

    JUGEMテーマ:音楽評論家



    20世紀日本を代表する音楽評論家:宇野功芳に捧げる一夜。
    彼が思い描く理想のソリスト像を体現する佐藤久成が、
    今サントリーホールの舞台に立つ。

    コンサート情報 >>

    以下が宇野功芳氏の演奏者評です。
    続きを読む >>

    宇野功芳:遺言こそ出会い

    0

      JUGEMテーマ:音楽評論家



       私が宇野功芳氏と出会ったのは2000年の石橋メモリアルで、これはアンサンブル・フィオレッティとの「夜来香」のライヴCDの録音が行われた時です。この時は実際に話をした訳でもなく、大阪の友人に誘われて行った際で、初めて実演を耳にいたしました。そして翌2001年に金沢でアンサンブル・フィオレッティのコンサートへは、金沢の喫茶店の女店主の方に誘われて行きました。この時にコンサート後の懇親会にも参加させて頂き、宇野氏とたわいもない話ができました。懇親会の出席者は殆ど年配者のなか、私だけは実に珍しい青年だったのですが、この時に一人の団員の方は、私を覚えてくれたのは、後になって分かったのですが、それくらい珍しい存在だったのだと思います。


      続きを読む >>

      宇野功芳「名指揮者ブルーノ・ワルターとわが音楽人生」 NHKラジオ放送から

      0
        JUGEMテーマ:クラシック音楽


         NHKラジオ第1では、深夜から早朝にかけて「ラジオ深夜便」という番組を放送しているのですが、そのなかに朝の4時台は「あすへの人生」というコーナがあり、様々な分野で活躍してこられた方々に対してNHKのアナウサーが聞き手となって話しをして頂くものです。7月3日、宇野功芳氏が出演しておられることを、後から知りました。もしこの内容をご存知の方は、是非お教えくださいませ。
        続きを読む >>

        新版クラシックCD演奏家篇(文春新書)

        0
          JUGEMテーマ:音楽評論家


                               
          続きを読む >>

          男の隠れ家2010年1月号

          0
            JUGEMテーマ:音楽評論家


             「男の隠れ家」という雑誌があるのですが、2010年1月号が今発売されているのですが、そこではクラシック音楽の特集をやっているようです。例えば執筆者10人が第9のベスト3を述べておられます。その10人は音楽評論家だけでなく、指揮者やピアニストなどの演奏家も含まれます。宇野功芳氏も執筆者の一人で、フルトヴェングラー/バイロイト祝祭管のを勿論取り上げておられるのですが、宇野氏が選んだ復刻盤はMYTHOSのCDです。

                                 
                                  (出版社のページ
            続きを読む >>

            ハイドシェックを語る(宇野功芳氏との対談から)

            0
              JUGEMテーマ:音楽



                        (動画詳細
              続きを読む >>

              「ドンブラコ」復刻初演:プロフィール(宇野功芳)

              0
                JUGEMテーマ:音楽

                 今回のチラシ、私が文章を書きました。宇野さんに「自分で書いてみよ」とそそのかされましたので、思うがままに書いてはみたのですが、果たして。

                コンサート情報 >>

                続きを読む >>

                レコード会社の外的圧力ってあるみたいですね

                0
                  JUGEMテーマ:音楽

                   先日あるお方と話をしていた際に、宇野功芳氏の評論活動50周年(?)記念パーティに出席したときに目にした光景を教えて頂きました。そしたら、レコード会社が一生懸命ゴマを摩っていたのだそうです。宇野功芳氏に対してはゴマを摩ったからとて何にもならないことを、知らないのだろうかと思われるのですが。
                  続きを読む >>

                  「シューリヒトが嫌い」という人っていますでしょうか

                  0
                    JUGEMテーマ:音楽


                     昨日実家の本棚を久しぶりに見ました。そのなかで「指揮者のすべて」という本があったので、久しぶりに頁をめくってみました。当時は興味のなかった(というか理解できなかったという方が正しいか、とにかく記憶にない)新星日響の団員の対談のところ、今読むと指揮者の苦労が改めて分かります。なかには指揮者が要求したことと違う演奏をしながら「ありがとうございます」と返ってきたりして、「この指揮者は何を聴いているのか」と思うこともあるそうです。

                                          
                    続きを読む >>

                    宇野功芳は数多くCDを聴く人ではないと思われるのだが

                    0
                      JUGEMテーマ:読書


                       「新版クラシックCDの名盤」の本を読んでいるのですが、宇野氏の怠慢が目立つなどと言うご意見もあります。分からなくもないのですが、宇野氏は他でもたくさん書いておられますので、この本ではこのくらいが丁度良いのではと思います。それよりは他の2人、特に若い福島さんに紙面を十分に活用頂いたというのが、私にとっては嬉しかったですね。
                      続きを読む >>

                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>
                      PR
                      ランキング
                      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
                      ブログ更新状況
                      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
                      他のブログ
                      楽譜ネット
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
                        trefoglinefan (10/07)
                      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
                        love (10/06)
                      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
                        trefoglinefan (10/03)
                      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
                        ムラ (09/29)
                      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
                        trefoglinefan (09/28)
                      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
                        ムラ (09/23)
                      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
                        trefoglinefan (09/14)
                      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
                        ムラ (09/13)
                      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
                        trefoglinefan (05/27)
                      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
                        オニヒトデ (05/23)
                      recent trackback
                      recommend
                      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
                      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
                      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
                       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM